FOREVER 21 Japan

一定期間更新がないため広告を表示しています

16歳の合衆国

今回紹介するのは、ケヴィン・スペイシードン・チードルケリー・ワシントンシェリリン・フェンマーティン・ドノヴァン出演の『16歳の合衆国』です。

16歳の合衆国

16歳の合衆国:ストーリー

16歳の少年リーランドはある日突然、知的障害を持つ少年ライアンを刺し殺してしまう。

殺された少年はリーランドの恋人ベッキーの弟。

リーランド自身も一緒に遊ぶなどよく面倒を見ていた。

周囲の誰もが衝撃を受ける中、彼は逮捕され、矯正施設へ収容される。

しかし、殺人の動機については決して何も語ろうとしない。

教官を務めるパールは、聡明でとても殺人を犯すようには見えないリーランドに強い興味を抱く。

売れない作家でもあるパールは、彼の心の奥底を解明することで本が書けるのではないかと期待し彼に近づく。

そして、野心を秘めつつリーランドのカウンセリングを始めるだったが…。

16歳の合衆国:映画予告

この映画を観たきっかけは、ケビン・スペーシーが絡んでいるという理由から観たのですが、父と子の関係・心を閉ざす・・・といった、まさに今の日本社会の抱える問題とリンクし、非常に考えさせられる作品

脚本や演出がすばらいので、恋人の弟を殺してしまった少年の内に秘められた孤独を非常にうまく表現出来たのではないかと思います。

個人的に好みの作品だした。


オススメ度★★★★

CoRichブログランキング


この作品もオススメ!

コメント








最新の記事

前後の記事

トラックバック

http://gflblog.jugem.jp/trackback/119

-

RSS配信

Recent Trackback
Recent Comment