FOREVER 21 Japan

一定期間更新がないため広告を表示しています

ロッキー5

今回紹介する映画は、アカデミー賞作品賞・監督賞・編集賞受賞、シルベスター・スタローンタリア・シャイアカール・ウェザースバート・ヤングバージェス・メレディス出演、ジョン・G・アヴィルドセン監督作品『ロッキー5』です。

ロッキー5:映画

ロッキー5:ストーリー

ソ連の強豪ボクサー、ドラゴを破ってアメリカに帰国したロッキー・バルボアは、会計士の不正により破産。

その上度重なる激闘により脳にダメージが蓄積しており、遂に引退を発表する。

フィラデルフィアに帰郷したロッキーは、今は亡きミッキーのジムで白人新鋭ボクサーのトミー・ガンを育て、トレーナーとして第二の人生を歩み始めていた。

そこへ現れた派手な黒人プロモーター、ジョージ・ワシントン・デュークに現役復帰を打診されるロッキーであったが、猛反対する家族との生活を優先させる。

黒人プロモーターの画策によりジムから引き抜かれたトミーは、快進撃を続け世界ヘビー級チャンピオンとなるが、かつてロッキーと共に夢と希望を抱いてトレーニングを積み重ねた心を失っていた。

別人のように変わってしまったトミーと路上で再会したロッキーは、義兄ポーリーが殴られた事により、遂にトミーに怒りをぶつける。その戦いは周囲の人々を観衆としたストリートファイトへと発展する……。

ロッキー5:映画予告

今作「ロッキー5」が、シリーズとうして一番完成度が低いと言われています。

たしかに物語はシリーズ4作品目で強敵ドラゴを倒し、その後から話は進んでいるのはシリーズ通して観ている者としては、望む展開ですけど、この作品に熱いものを求める一人としては、クライマックスに若干、物足りなさを感じます。

しかし、そこまでいく(トニーとの乱闘)間のロッキーの苦悩、家族の関係など、ボクシング以外の問題が、面白いのではないかと思います。

・・・というわけで、駄作と言われた本作ですが、私は十分に楽しめました。


オススメ度★★★

CoRichブログランキング


この作品もオススメ!

コメント








最新の記事

前後の記事

トラックバック

トラックバック機能は終了しました。

-

RSS配信

Recent Trackback
Recent Comment