FOREVER 21 Japan

一定期間更新がないため広告を表示しています

ターミネーター4


今回紹介する映画は、クリスチャン・ベイルサム・ワーシントンアントン・イェルチンムーン・ブラッドグッド出演、マックG監督作品の『ターミネーター4』です。


ターミネーター4:映画


ターミネーター4:ストーリー

時は2018年。核戦争で荒廃した世界は、人工知能搭載のスーパーコンピューター“スカイネット”に支配されていた。


生き残った人々は抵抗軍を組織し、機械との最後の戦いに備えていた。


部隊のリーダーであるジョン・コナーは、“スカイネット”がやがて自分の父親となるカイル・リースの命を狙っていると知り、彼を探し始める。


一方、ターミネーターがさまよう荒野をたくましく生き抜く少年カイルは、核戦争のことも、今が何年かさえもわからない屈強な男・マーカスと出会う。

ジョン・コナー役にクリスチャン・ベイルということで、主人公かと思いきや、マーカス・ライト役のサム・ワーシントンがこの作品が重要人物だったので、ちょっと意外でした。



クリスチャン・ベイルの演技力が、この作品で存在感が薄く、サム・ワーシントンが主役と言えるぐらいの活躍っぷり。



物語の終わりを観るかぎり、続編に続く感じで終わったので、続編でのクリスチャン・ベイルに期待といったところでしょうか。



観終わった後に印象に残ることも、それといってなく、中途半端だったというのが私の感想でしょうか。



まぁそれでも、ターミネーターの「ダダン・ダダダン・・・」ってだけで、テンションはあがりますけどね(笑)



ターミネーター4:映画予告



オススメ度★★★



この作品もオススメ!

コメント








最新の記事

前後の記事

トラックバック

http://gflblog.jugem.jp/trackback/256

RSS配信

Recent Trackback
Recent Comment