FOREVER 21 Japan

一定期間更新がないため広告を表示しています

グアンタナモ、僕達が見た真実

今回紹介する映画は、マイケル・ウィンターボトム監督作品の『グアンタナモ、僕達が見た真実』を観ましたので、紹介したいと思います。

グアンタナモ、僕達が見た真実:映画

グアンタナモ、僕達が見た真実:ストーリー

パキスタン系イギリス人の青年アシフ、ローヘル、シャフィクはパキスタン旅行中に米軍の侵攻による隣国アフガニスタンの悲惨な状況を耳にする。

そこで彼らは自分達の目で確認したいと国境を越えるが、戦闘に巻き込まれた上にタリバン兵と間違われ、捕虜としてアメリカ軍に拘束され収容所に入れられてしまった。

しかも英語を話したせいで、国際テロリストとしてキューバの米軍基地グアンタナモへ送られてしまい…。

グアンタナモ、僕達が見た真実:映画予告

この作品を観て私は、僕らが普段にするTVのニュースやインターネットや新聞で得られる情報がいかに少なく、全く知らないことが多々あることを再認識させられるました。

アシフとその仲間達は結婚式に出席する為にパキスタンへと向かい、パキスタンに着いた時に、アフガニスタンの深刻な状況を知りボランティア活動に参加しようと、アフガニスタンに向かい、そこから悲劇が彼らを襲います。

彼等がアメリカ軍に受けた数々の拷問・・・しかも3年という長い期間も拘束されていた真実。

彼らは現在釈放され生きていますが、もし私がその立場にいたら・・・非常に恐ろしいです。

この作品は、観て損は無いとおもいますので、一度チェックしてみてください。


オススメ度★★★

CoRichブログランキング


この作品もオススメ!

コメント








最新の記事

前後の記事

トラックバック

http://gflblog.jugem.jp/trackback/272

RSS配信

Recent Trackback
Recent Comment