FOREVER 21 Japan

一定期間更新がないため広告を表示しています

裸足のトンカ

今日は紹介する映画は、ジャン=ユーグ・アングラード監督・主演『裸足のトンカ』です。

裸足のトンカ:映画

裸足のトンカ:ストーリー

世界第4位の記録を持つスプリンターは記録の伸び悩みに選手生命の限界を感じていた。

ある日、外国での競技会を終えて空港からの帰り道、高速道路の脇を裸足で駆け抜ける少女をみかける。

彼女の名前は“トンカ”。 その躍動感あふれる“走り”こそ彼の理想そのものだった。

自分の夢を託して、彼女に陸上競技を教えるスプリンター。走る事への二人の情熱は、やがて激しい愛へと変わっていく。

この映画は、スプリンターとその監督の純愛映画なんでうが、僕は内容うんぬんというよりも、劇中の映像がとても美しいです。

ラストにトンカの妹が空港の横を走るシーンは、ちょっと胸がグッときますが、物語の展開が平行線なので、途中、観ていて疲れてしまいました。

もっと展開があれば、面白かったのではと思った作品でした。


オススメ度★★

CoRichブログランキング


この作品もオススメ!

コメント








最新の記事

前後の記事

トラックバック

トラックバック機能は終了しました。

RSS配信

Recent Trackback
Recent Comment