FOREVER 21 Japan

一定期間更新がないため広告を表示しています

機械じかけの小児病棟

今回紹介する映画は、『アリーmy Love』のキャリスタ・フロックハート主演のホラー作品の『機械じかけの小児病棟』です。

自虐の詩:映画

機械じかけの小児病棟:ストーリー

エイミー(キャリスタ・フロックハート)は、イギリスのワイト島にある閉院間近の小児病院に夜勤看護士として雇われる。

同僚のヘレン(エレナ・アラヤ)と交代し、彼女は勤務についたが、初日の夜に大きな物音を聞く。

患者のマギー(ヤスミン・マーフィー)は、シャーロットという霊の存在を彼女に打ち明けるが……。

結論から言うと、この作品は、ひさびさに展開がとても良くて、面白く楽しめる映画でした。

序盤から中盤まではヌルい展開で、この作品はイマイチなのかなぁ〜と思いきや、後半からの、予想外の展開が手に汗を握り、その展開のアイデアに見事にハマッてしまいました^^

ホラー好きは必見ではないかと個人的には思います。


オススメ度★★★★

CoRichブログランキング


この作品もオススメ!

コメント

Lanceさんお久しぶりです^^
か〜なり返事遅くなってしまいましたが、コメントありがとうございます。
この作品、ヤバイですよね^^¥
| ガノ→Lanceさん | 2008/10/01 1:55 AM |
ガノ様 お久しぶりです。
TBエラーが出たので先にコメントさせて頂きます。
正当派の暗〜いホラーだったんですけど、シャーロットの見た目が怖いとゆーよりも、悲しいくらいシワシワだったです。
| Lance | 2008/08/21 12:45 AM |







最新の記事

前後の記事

トラックバック

http://gflblog.jugem.jp/trackback/337

#113.機械じかけの小児病棟

RSS配信

Recent Trackback
Recent Comment