FOREVER 21 Japan

一定期間更新がないため広告を表示しています

20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗:映画


今回紹介する映画は、唐沢寿明豊川悦司常盤貴子平愛梨香川照之黒木瞳出演、堤幸彦監督の『20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗』です。


20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗:映画


20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗:ストーリー

“ともだち”復活から2年後の“ともだち暦3年”(西暦2017年)。


「世界大統領」として君臨する“ともだち”は「8月20日、人類は宇宙人に滅ぼされる。私を信じるものだけが救われる」と説いていた。


一方、“ともだち”の追手から逃れ、身を潜めているかつての仲間たち―オッチョ、カンナ、ユキジ、ヨシツネ、マルオ、ケロヨン―はそれぞれのやり方で、闘いを続けていた。


そんな中、東京を囲む壁の向こう側で、ギターを抱えたある男が現れ厳重警備の関所を越えようとしていた。


矢吹丈と名乗るその男はこう呟く。「俺は会いに行く、カンナに」

あのまま友達が死んで、ウッドストックっぽい感じにピースで終わったら、イマイチだったかもしれませんが、その後の過去に戻るシーンがあるおかげで、話の内容を理解できました。



どんな風に終わるのかと思いましたが、うまい具合にまとめたと思います。



20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗:映画予告



オススメ度★★★★



この作品もオススメ!

コメント








最新の記事

前後の記事

トラックバック

http://gflblog.jugem.jp/trackback/349

RSS配信

Recent Trackback
Recent Comment