FOREVER 21 Japan

一定期間更新がないため広告を表示しています

ボウリング・フォー・コロンバイン

今回紹介する映画は、カンヌ国際映画祭・55周年記念特別賞受賞、ベルリン国際映画祭・観客賞受賞、アカデミー賞長篇ドキュメンタリー賞受賞他多数の映画祭で喝采をうけた、マイケル・ムーア監督作品の『ボウリング・フォー・コロンバイン』です。

ボウリング・フォー・コロンバイン:映画

ボウリング・フォー・コロンバイン:ストーリー

1999年4月20日に発生したコロンバイン高校銃乱射事件に題材を取った、マイケル・ムーア監督のノンフィクション・ドキュメンタリー作品。

事件の被害者、犯人が心酔していたと言われる歌手のマリリン・マンソンや全米ライフル協会会長のチャールトン・ヘストン、サウスパークの制作者マット・ストーン、清教徒のアメリカ大陸移住から現在までの銃社会の歴史検証や、コロンバイン市民らへのインタビューや、アメリカの隣国で隠れた銃器大国のカナダや、日本やイギリスなどの他の先進国との比較から、事件の背景と銃社会アメリカの歪で異常な姿をあぶり出してゆく。

ボウリング・フォー・コロンバイン:映画予告

この作品は公開当時、劇場に観に行ったのですが、あらためて再度観てみてもかなり鋭いですよね^^¥

しかしその一方、意図的な編集がなされているという批判があったりしたこの作品。

ドキュメンタリーでここまで興味を引く作品を作るマイケル・ムーアはやっぱりスゴイと思います!!


オススメ度★★★★

CoRichブログランキング


この作品もオススメ!

コメント








最新の記事

前後の記事

トラックバック

http://gflblog.jugem.jp/trackback/356

RSS配信

Recent Trackback
Recent Comment