FOREVER 21 Japan

一定期間更新がないため広告を表示しています

ヒトラー最期の12日間

今回紹介する映画は、ブルーノ・ガンツトーマス・クレッチマン出演、オリヴァー・ヒルシュビーゲル監督作品の『ヒトラー 最期の12日間』です。

ヒトラー 最期の12日間:映画

ヒトラー 最期の12日間:ストーリー

1942年、ミュンヘン出身の若い女性が、アドルフ・ヒトラーの秘書になる。

彼女は追いつめられたヒトラーの最期の日々を近くで目撃。

独裁者をひとりの人間として見つづけた彼女の瞳に映った、本当のヒトラーの姿とは・・

ヒトラー 最期の12日間:映画予告

終戦間際のベルリンの状況がリアルに再現されていて、2時間を越える作品ですが、退屈せずに最後まで観ました。

この作品でヒトラーを演じた主演のブルーノ・ガンツの演技は、観るものを引き込むほど素晴らしいと思います。

この作品を観る価値は十分にあると思います。


オススメ度★★★★

CoRichブログランキング


この作品もオススメ!

コメント








最新の記事

前後の記事

トラックバック

http://gflblog.jugem.jp/trackback/360

RSS配信

Recent Trackback
Recent Comment