FOREVER 21 Japan

一定期間更新がないため広告を表示しています

フィレーネのキライなこと

今回紹介する映画は、オランダ映画のラブコメディ作品、ロバート・ヤン・ウェストダイク監督の『フィレーネのキライなこと』です。

フィレーネのキライなこと:映画

フィレーネのキライなこと:ストーリー

キュートだけどキレやすいフィレーネは、恋も長続きしない。

そんな彼女が優しくてハンサムなマックスとあっという間に恋に落ち、彼との甘い毎日が始まる。

しかし、喜びもつかの間、俳優を志すマックスは演技の勉強にNYに行くと言い出す。

強がって彼を見送るフィレーネだが、母親の言葉に勇気付けられ、NYを訪ねる。

しかし、NYでのフィレーネの行動はわがままそのもので、そんな彼女にマックスは次第に愛想をつかせ…。

フィレーネのキライなこと:映画予告

めったに目にすることのないオランダ映画ですが、ラブコメっていうのも個人的に観ないので、ちょっと期待しました。

作品を実際に観て笑えるところも多少あるんですが、ラブコメではお決まりの感動的な部分が欠けているのが残念ちょっと残念ですね^^;

主人公のフィレーネですが、この配役は失敗な気もします。

もっと若くてキュートな女性にした方が個人的には良かった思います。

その方がギャップがあって面白いんじゃないかと・・・個人的には思います。


オススメ度★★★

CoRichブログランキング


この作品もオススメ!

コメント








最新の記事

前後の記事

トラックバック

http://gflblog.jugem.jp/trackback/455

RSS配信

Recent Trackback
Recent Comment