FOREVER 21 Japan

一定期間更新がないため広告を表示しています

二十日鼠と人間

今回紹介する映画は、ゲイリー・シニーズ監督・主演、ジョン・マルコヴィッチシェリリン・フェンジョー・モートン出演の作品『二十日鼠と人間』です。

二十日鼠と人間:映画

二十日鼠と人間:ストーリー

1930年、大恐慌時代のカリフォルニア。いつか農場主になるという夢を胸に、ジョージとレニーは農場を渡り歩き、厳しい労働の日々を送っていた。

だが、知恵遅れのレニーが他愛のない事件を起こしたことから、二人の人生は厳しく、そして辛い結末を迎えることに…… 。

『怒りの葡萄』や『エデンの東』などで知られるノーベル賞作家スタインベックの小説「二十日鼠と人間」を映画化した作品。

監督は主演もこなしたゲイリー・シニーズがメガホンを持った処女作で、最高のタッグジョン・マルコビッチと熱演したこの作品。

なんといってもマルコビッチの演技がすばらしい。

すご〜く観て欲しい映画なので詳しい内容は書きませんが、ラストのシーンは非常に考えさせられてしまうんです。

非常に素晴らしい作品です。


オススメ度★★★★

CoRichブログランキング


この作品もオススメ!

コメント








最新の記事

前後の記事

トラックバック

http://gflblog.jugem.jp/trackback/47

『二十日鼠と人間』

RSS配信

Recent Trackback
Recent Comment