FOREVER 21 Japan

一定期間更新がないため広告を表示しています

ビョークのネズの木:映画

今回紹介する映画は、1986年ビョークが二十歳のときに撮られたまぼろしの作品といわれる『ビョークのネズの木』です。

ビョークのネズの木:映画

ビョークのネズの木:ストーリー

中世アイスランド。カトラ(ブリンディース・ペトラ・ブラガドゥティル)とマーギット(ビョーク・グズムンドゥスドゥティル)の姉妹は、母を魔女裁判で処刑され、行き場を失う。

荒野を彷徨う二人は、妻を失い父子二人で暮らしているヨハン(ヴァルディマール・オルンフリーゲンリング)と出会い、姉のカトラは呪術を持って彼の心を操り、彼の後妻となる。

ともに暮らし始めた四人だが、息子のヨナス(ゲイルロイグ・スンナ・ポルマル)は、亡き母への想いから、マーギットとは心を通わすのだが、カトラとの間には確執が生まれ、日増しにお互いの溝は深まっていく…。

モノクロ映画なんですが、モノクロ映像が風景に深みを与えていて、それがまわりの景色を美しく表現しているように思います。

映画にでてくる登場人物はたった4人だけなんですが、その少ない登場人物で物語を作っており、その中で葛藤を上手く描き出していると思います。

独創的な世界はありますが、ストーリーがなんだったのか、意味がイマイチ理解しにくいというのは、残念ながら感じましたね。


オススメ度★★

CoRichブログランキング


この作品もオススメ!

コメント








最新の記事

前後の記事

トラックバック

トラックバック機能は終了しました。

『ネズの木』

RSS配信

Recent Trackback
Recent Comment