FOREVER 21 Japan

一定期間更新がないため広告を表示しています

亀田大毅、開き直り反省なし会見「ほっといて」

先月11日のWBC世界フライ級タイトル戦で王者の内藤大助(33)に反則行為を繰り返し、日本ボクシングコミッション(JBC)から1年間の資格停止処分を受けた亀田家の二男、亀田大毅(18)が30日午後、約6週間ぶり公の場に姿を見せ、会見をしたみたいです。

大毅は頭こそ下げてみせたものの、反則行為や言動、内藤に対する謝罪や反省の言葉は一切なかったらしい。。。

動画もUPしましたので、その模様をどうぞ♪

そのまま着替えて練習に入ろうとする大毅に報道陣から質問が飛んだ。

−−内藤選手との試合での反則は、誰の指示か
「反則をして減点取られて、試合に負けた。それが事実」

−−どうして反則をしたのか
「試合のことはほとんど覚えてへん」

−−リングに上がって勝ったら、また歌うか
「歌うと思うよ。歌好きやから」

−−部屋でゲームをしてたのか
「ほっといて」

−−内藤選手には言葉で謝罪したのか、頭を下げただけか
「言葉で謝ったよ。聞いてみて」

2人がいったん消えた後、金平会長は「これで見ている人は謝罪したと思うでしょうか」と聞かれ、「これを謝罪と受け止めるか、そうでないかは、ご覧になった方々の判断だと思います」と話した。

しかしまぁ〜、まだ下手な歌を歌う気満々ですねぇ〜
まだ、こういう事を言う大毅は、たいした器ですねぇ〜あきれちゃいますね^^;

記者会見の模様はこちら


CoRichブログランキング

一連の騒動に関する記事
e>

コメント








最新の記事

前後の記事

トラックバック

トラックバック機能は終了しました。

RSS配信

Recent Trackback
Recent Comment