FOREVER 21 Japan

一定期間更新がないため広告を表示しています

エル・マリアッチ

今回紹介する映画は、ロバート・ロドリゲス監督作品『エル・マリアッチ』です。

エル・マリアッチ:映画

エル・マリアッチ:ストーリー

メキシコの小さな田舎町、アクーナに黒いギター・ケースを抱えたマリアッチ・ミュージシャン(カルロス・ガラルド)が、仕事を探してやってきた。

同じ頃刑務所を脱獄したアズール(レイノル・マーティネス)が、盗んだ金をひとり占めした昔の仲間、モーリシオ(ピーター・マルカルド)の配下を皆殺しにしていた。

アズールはマリアッチと同じような黒いギター・ケースにマシンガンを入れ、同じような黒い衣装に身を包んでいた。

その頃、アズールはドミノを捕らえ、モーリシオの家に向かっていた。マリアッチは彼女を救うべく、単身現場に向かう・・・

メキシコの小さな町にたどり着いたミュージシャンが、殺し屋に間違えられたことから起きた騒動記。

当時、弱冠24歳のロバート・ロドリゲスが、監督・製作・脚本ほか7役を兼ね、製作費7千ドル(約77万円)、撮影日数14日間で撮り上げた作品で、その後、リメイク「デスペラード」を撮影しているんですが、俳優もストーリー展開も程よいチープ感がたまりません^ ^

この作品は好きなんだよなぁ〜

お金をかけなくたって、面白いものは面白いというのを証明してくれている映画だと思います。

ロバート・ロドリゲスの作品の中で、個人的にこれが一番おもしろいと思います。


オススメ度★★★★★

CoRichブログランキング


この作品もオススメ!

コメント








最新の記事

前後の記事

トラックバック

http://gflblog.jugem.jp/trackback/62

RSS配信

Recent Trackback
Recent Comment