FOREVER 21 Japan

一定期間更新がないため広告を表示しています

マルホランド・ドライブ

今回紹介する映画は、第54回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞、ナオミ・ワッツダン・ヘダヤ出演、デイヴィッド・リンチ監督作品の『マルホランド・ドライブ』です。

マルホランド・ドライブ:映画

マルホランド・ドライブ:ストーリー

L.A.の北部を通るマルホランド・ドライブで車の衝突事故が発生。

ただ一人生き残ったブルネットの女性(ローラ・エレナ・ハリング)は記憶を亡くし、女優の留守宅に身を潜めていた。

しかし女優を目指し田舎からやってきた姪ベティ(ナオミ・ワッツ)に見つかってしまう。

彼女はベティに事情を話し、リタという仮の名前で彼女の力を借り、自分探しを始めるが、それは恐ろしい出来事の幕開けだった…。

マルホランド・ドライブ:映画予告

観終わった時の満足感も疲労感も最高レベル、独特の緊張感のある映像で、ストーリーの理解を無視しても楽しめる。

こんな意味不明でも満足感を与えられるっていうのはデビッド・リンチならではないかと言えるのではないでしょうか。


オススメ度★★★★

CoRichブログランキング


この作品もオススメ!

コメント








最新の記事

前後の記事

トラックバック

http://gflblog.jugem.jp/trackback/695

RSS配信

Recent Trackback
Recent Comment