FOREVER 21 Japan

一定期間更新がないため広告を表示しています

クリムゾン・リバー

今回紹介する映画は、ジャン・レノヴァンサン・カッセルが出演している『クリムゾン・リバー』です。

クリムゾン・リバー:映画

クリムゾン・リバー:ストーリー

アルプス山脈の中で、裸で眼をくりぬかれ、手首が切断され、胎児のような形で縛られ傷だらけになっている死体が発見された。

捜査を開始したパリのベテラン刑事ニーマンス(ジャン・レノ)は、山脈のふもとにあるゲルノン大学に疑惑の目を向ける。

一方、若手刑事のマックス(ヴァンサン・カッセル)は別の事件の捜査で大学に着目していた。

やがて両者はふとしたことから出会い、事件の真相を探究しようとするのだが…。

違う事件を追っていた二人の刑事が出会い事件の真相に迫っていくという序盤のつかみは良い感じです。

この作品では、レノよりヴァンサン・カッセルが良い雰囲気を出してます。

序盤から終盤まで良い流れできているのに、最後のオチが残念

せっかくの良い流れが、事件の真相のスケールの無さが残念でした。


オススメ度★★

CoRichブログランキング

この作品もオススメ!

コメント








最新の記事

前後の記事

トラックバック

http://gflblog.jugem.jp/trackback/720

RSS配信

Recent Trackback
Recent Comment