FOREVER 21 Japan

一定期間更新がないため広告を表示しています

ぼくを葬る

今回紹介する映画は、メルヴィル・プポー、ジャンヌ・モロー出演、フランソワ・オゾン監督のヒューマンドラマ『ぼくを葬る』です。

ぼくを葬る:映画

ぼくを葬る:ストーリー

パリでファッション・フォトグラファーとして忙しい日々を送っていたロマンは、ある日、医者から余命3ヶ月という衝撃の事実を告げられる。

同棲中の恋人に別れを告げ、家族にも秘密にしたまま、自分の死と向かい合うことを決めたロマンだが、唯一の理解者である祖母ローラにだけは真実を話した。

刻々と迫る命の期限。

残された時間で何ができるのか?ロマンはふと、カフェで出会った女性、ジャニィの頼みごとを思い出した…。

ぼくを葬る:映画予告

』をテーマにした映画。

残された時間の中で、今まで見えなかったものや価値を見出していく、『生きる』ということ意味を問いかけてくる秀作。

そして、ラストシーンも素晴らしいです。

観て損のない作品です!


オススメ度★★★★★


CoRichブログランキング

この作品もオススメ!

コメント

yamasanさんはじめまして♪
映像が綺麗で、なおかつジャンヌ・モローの存在感が印象に残る作品でした。
本当に良い作品ですよね^^¥
コメントありがとうございました。
| ガノ→yamasanさん | 2008/02/23 7:17 PM |
TBありがとうございます。

色々と考えさせてくれる映画でしたね。
映像が綺麗なのとジャンヌ・モローの
存在感が印象に残っています。

また、宜しくお願いします
| yamasan | 2008/02/23 4:53 AM |







最新の記事

前後の記事

トラックバック

http://gflblog.jugem.jp/trackback/736

『ぼくを葬る』

RSS配信

Recent Trackback
Recent Comment