FOREVER 21 Japan

一定期間更新がないため広告を表示しています

カポーティ コレクターズ

今回紹介する映画は、フィリップ・シーモア・ホフマンキャサリン・キーナークリス・クーパー主演、一家惨殺事件をノンフィクション小説として描いた、 「冷血」が出来るまでを描いた作品の『カポーティ』です。

カポーティ:映画

カポーティ:ストーリー

農家の一家4人が惨殺された事件に目をつけたカポーティ(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、この事件を題材に雑誌の記事を書くことを思いつく。

ザ・ニューヨーカーの編集者ウィリアム・ショーン(ボブ・バラバン)に話を持ちかけたカポーティは事件のあったカンザス州に向かうことを決心する。

カポーティは一家惨殺事件の殺人犯に強い関心を抱き、自分の作品の素材にすべく取材を重ねていく過程で、カポーティ自身がこの犯人の内面に自分と似たものを発見するというところから、この作品は面白い。

ゆえにカポーティと犯人の会話シーンが、緊張感が伝わってきます。

この作品の完成度は高いと思います。


オススメ度★★★★

CoRichブログランキング


この作品もオススメ!

コメント

クリスさんはじめまして、こんばんわ♪
コメントありがとうございます。
カポーティは、すばらしい作品だと思いますので、是非ご覧になってください^^¥
これからもどうぞ宜しくお願いします。
| ガノ→クリスさん | 2008/04/03 8:58 PM |
はじめまして、クリスと申します。
カポーティ すごく面白そうな映画ですね!さっそく観てみます。ありがとうございます。
| Chris | 2008/04/03 11:03 AM |







最新の記事

前後の記事

トラックバック

トラックバック機能は終了しました。

『カポーティ』’05・米

RSS配信

Recent Trackback
Recent Comment