FOREVER 21 Japan

一定期間更新がないため広告を表示しています

アメリカン・スプレンダー

今回紹介する映画は、カンヌ国際映画祭ある視点部門 国際批評家連盟賞、サンダンス映画祭グランプリ受賞、ポール・ジアマッティホープ・デイヴィス出演『アメリカン・スプレンダー』です。

アメリカン・スプレンダー:映画

アメリカン・スプレンダー:ストーリー

クリーブランドの病院で書類係をしているハービー・ピーカーは2人目の妻にも捨てられ、サエない日々を送っていた。

そんなある日、友人の紹介で知りあったロバート・クラムと意気投合。

やがて自分の日常をコミックにすることを思いついたハービーは、アンダーグラウンド・コミックの旗手となっていたロバートに作画を頼み、コミック「アメリカン・スプレンダー」を創刊する。

作品は大反響を呼び、ハービーは熱心な読者だったジョイスと結婚するのだが…。

本文の続きを読む

パルプ・フィクション

今回紹介する映画は、カンヌ映画祭パルムドール受賞した、ジョン・トラヴォルタサミュエル・L・ジャクソンティム・ロスアマンダ・プラマーブルース・ウィリスユマ・サーマンスティーヴ・ブシェミハーヴェイ・カイテルエリック・ストルツピーター・グリーン出演、クエンティン・タランティーノ監督作品『パルプ・フィクション』です。

パルプ・フィクション

パルプ・フィクション:ストーリー

あるレストランにて、柄の悪いいかにもチンピラとおぼしき二人のカップル、パンプキンとハニー・バニーが話をしている。

パンプキンがいうには、「銀行強盗はリスクが多く馬鹿のすること」らしく、「それならもっと効果的な場所を狙えばリスクもなく大金が手に入る」という。

ハニー・バニーが「どこを狙うのか?」ときいたところ、パンプキンは「レストラン、つまりこの場所を今すぐ襲おう」というのだ。

ハニー・バニーはそのアイデアに賛成、二人はすぐに拳銃を抜き放つが・・・。

本文の続きを読む

ジャングル・フィーバー

今回紹介する映画は、カンヌ映画祭助演男優賞受賞、ウェズリー・スナイプスサミュエル・L・ジャクソンアナベラ・シオラハル・ベリージョン・タートゥーロ出演、スパイク・リー監督作品『ジャングル・フィーバー』です。

ジャングル・フィーバー:映画

ジャングル・フィーバー:ストーリー

アフリカ系アメリカ人の建築家フリッパー(ウェズリー・スナイプス)は妻子がありながらも、イタリア系アメリカ人の秘書アンジー(アナベル・シオラ)と深く愛し合うようになっていく。

やがて家族にも見離されてしまったふたりは、ひっそりとアパート住まいを始めるが…

本文の続きを読む

ライフ・イズ・ビューティフル

今回紹介する映画は、カンヌ国際映画祭グランプリ、アカデミー賞3部門受賞、ロベルト・ベニーニ監督・出演、ニコレッタ・ブラスキ出演の『ライフ・イズ・ビューティフル』です。

ライフ・イズ・ビューティフル:映画

ライフ・イズ・ビューティフル:ストーリー

1939年イタリア、トスカーナ地方。主人公のユダヤ系イタリア人グイドは、いつも陽気で人々を楽しませる達人。

グイドと「お姫様」のドーラは恋に落ち、息子ジョズエをもうける。

しかし、間もなくナチスの強制収容所へ・・・

そこでもグイドは幼い息・・・

本文の続きを読む

奇跡の海

今回紹介する映画は、カンヌ国際映画祭・審査員特別グランプリ獲得、アカデミー賞主演女優賞ノミネート作品、エミリー・ワトソンステラン・スカルスガルドジャン=マルク・バールウド・キア出演、ラース・フォン・トリアー監督の『奇跡の海』を紹介します。

奇跡の海:映画

奇跡の海:ストーリー

プロテスタント信仰が強い、70年代のスコットランドの村が舞台。

ベスは、油田工場で働くヤンと結婚した。 彼女は、仕事のために家に戻れない彼を愛するあまり、早く帰ってくるよう神に祈る。

するとヤンは工場で事故にあい、願い通りに早く戻ってきた。

だが回復しても寝たきりの上に、不能になっていた……。

やがてヤンは、妻を愛する気持ちから他の男と寝るよう勧め、ベスもまた、夫を愛するがゆえに男たちを誘惑してゆく。

本文の続きを読む

ボウリング・フォー・コロンバイン

今回紹介する映画は、カンヌ国際映画祭・55周年記念特別賞受賞、ベルリン国際映画祭・観客賞受賞、アカデミー賞長篇ドキュメンタリー賞受賞他多数の映画祭で喝采をうけた、マイケル・ムーア監督作品の『ボウリング・フォー・コロンバイン』です。

ボウリング・フォー・コロンバイン:映画

ボウリング・フォー・コロンバイン:ストーリー

1999年4月20日に発生したコロンバイン高校銃乱射事件に題材を取った、マイケル・ムーア監督のノンフィクション・ドキュメンタリー作品。

事件の被害者、犯人が心酔していたと言われる歌手のマリリン・マンソンや全米ライフル協会会長のチャールトン・ヘストン、サウスパークの制作者マット・ストーン、清教徒のアメリカ大陸移住から現在までの銃社会の歴史検証や、コロンバイン市民らへのインタビューや、アメリカの隣国で隠れた銃器大国のカナダや、日本やイギリスなどの他の先進国との比較から、事件の背景と銃社会アメリカの歪で異常な姿をあぶり出してゆく。

本文の続きを読む

華氏 911

今回紹介する映画は、第57回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作品、マイケル・ムーア監督の『華氏911』を紹介します。

華氏911:映画

華氏911:ストーリー

アメリカ、9月11日の悲劇。アメリカ大統領ジョージ・W・ブッシュは、911以前から囁かれていたテロの可能性を軽視し、対策を見過ごしてきた。

ブッシュ大統領は、父ブッシュの代からサウジの富豪ラディン一族と石油ビジネスを中心に密接に関わっていたし、サウジとの間には、兆単位の石油マネーが動くからだ。

一族の厄介者、オサマが引き起こしたとんでもないテロを、ブッシュ大統領はいつの間にかイラクに結びつけ、アメリカを...

本文の続きを読む

ダンサー・イン・ザ・ダーク

今回紹介する映画は、カンヌ映画祭パルムドール受賞・女優賞受賞、ビョークカトリーヌ・ドヌーヴピーター・ストーメアウド・キア、、ステラン・スカルスガルドジャン=マルク・バールカーラ・セイモア出演、ラース・フォン・トリアー監督『ダンサー・イン・ザ・ダーク』です。

ダンサー・イン・ザ・ダーク:映画

ダンサー・イン・ザ・ダーク:ストーリー

60年代のアメリカ。セルマは女手ひとつで息子のジーンを育てながら工場で働いている。

彼女に対して理解と愛情を持つ人々に囲まれ満ち足りた生活を送っていた。

彼女は遺伝性の病のため視力が失われつつあり、ジーンも手術を受けない限り同じ運命を辿ってしまうのだった。

そのために、内職もしてジーンの手術費用を貯えていた。が、ある日工場を解雇されてしまい、貯めていたお金まで盗まれていた……。

本文の続きを読む

マルホランド・ドライブ

今回紹介する映画は、第54回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞、ナオミ・ワッツダン・ヘダヤ出演、デイヴィッド・リンチ監督作品の『マルホランド・ドライブ』です。

マルホランド・ドライブ:映画

マルホランド・ドライブ:ストーリー

L.A.の北部を通るマルホランド・ドライブで車の衝突事故が発生。

ただ一人生き残ったブルネットの女性(ローラ・エレナ・ハリング)は記憶を亡くし、女優の留守宅に身を潜めていた。

しかし女優を目指し田舎からやってきた姪ベティ(ナオミ・ワッツ)に見つかってしまう。

彼女はベティに事情を話し、リタという仮の名前で彼女の力を借り、自分探しを始めるが、それは恐ろしい出来事の幕開けだった…。

本文の続きを読む

明日、君がいない

今回紹介する映画は、「自殺」という社会問題を取り上げた2006年カンヌ国際映画祭「ある視点」部門正式出品作品の『明日、君がいない』です。

明日、君がいない:映画

明日、君がいない:ストーリー

その日もいつもと同じ1日のはずだった。

父の期待を一身に担う兄マーカスと、兄に脅える妹メロディ、マッチョを気取るスポーツマンのルーク、孤立するゲイのショーン、ルークとの結婚だけを切実に願うサラ、いじめられても卒業まで3ヶ月の我慢だと自分に言い聞かせるスティーヴン。

心が壊れてしまいそうな秘密を抱え、誰もが窒息寸前だ。

やがて、午後2時37分、校舎の片隅でひとつの若い命が消えようとしていた…。

本文の続きを読む

死刑台のメロディ

今回紹介する映画は、実際の事件を元にした作品で、71年カンヌ国際映画祭男優賞受賞した作品『死刑台のメロディ』です。

死刑台のメロディ:映画

死刑台のメロディ:ストーリー

イタリア移民のサッコとバンゼッティは、不法拳銃所持の罪で市電の中で突然逮捕された。

ピストルは護身用のものだったが、誰かが密告したのだ。留置所に入れられた二人は、先月起きた強盗殺人事件の犯人に仕立て上げられてしまう。

次々と現れる証人たちの偽証、検事側の圧力により、弁護士ムアの必死の弁護も虚しく、死刑が宣告された。

本文の続きを読む

オールド・ボーイ

今回紹介する映画は日本のマンガを実写化し、第57回カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリ、第37回シッチェス・カタロニア国際映画祭グランプリ受賞した作品の『オールド・ボーイ』です。

オールド・ボーイ:映画

オールド・ボーイ:ストーリー

DVD情報をみるオ・デスは妻と一人娘を持つ、平凡なサラリーマンだった。

ある日、娘の誕生日プレゼントを買って帰る途中、忽然と姿を消す。

妻との不仲から、殺人容疑で指名手配されるが、実はオ・デスは何者かに連れ去られ、15年もの間監禁されていたのだ。

15年後、監禁から脱出した彼は、敵を突き止め復讐することを誓う。

その時敵から、「犯人と監禁された理由を5日間で解き出さないと殺す」とメッセージが、復讐に燃えるオ・デスは、美しい恋人ミドと知り合い、共に犯人を捜す。

しかし、これも犯人が巧妙に仕組んだ罠なのだった...。

本文の続きを読む

ボルベール<帰郷>

今回紹介する映画は、カンヌ国際映画祭で最優秀脚本賞・最優秀女優賞を受賞したペネロペ・クルス主演の『ボルベール<帰郷>』です。

ボルベール<帰郷>:映画

ボルベール<帰郷>:ストーリー

15歳の娘と失業中の夫とマドリッドで暮らすライムンダ(ペネロペ・クルス)は、スペインの太陽のように情熱的な女性。

ある日彼女に二つの死が降りかかる。娘のパウラが義父を台所で刺し殺してしまったのだ。

娘を守るため夫の死体をなんとかしようとする彼女に、今度は最愛の叔母が亡くなったという知らせが届く。

一方でライムンダは、故郷ラ・マンチャで数年前に火事で焼死したはずの母(カルメン・マウラ)の姿を見た、という噂を耳にする。生き返ったのか、幽霊なのか。

生前わかりあえず心を閉ざしてしまった母に、今ならすべてを打ち明けられる。

孤独な少女のように、母の愛を求めるライムンダ。しかし、ついに彼女の前に現れた母には、もっと衝撃的な秘密があった。

本文の続きを読む

ホテル

今回紹介する映画は、カンヌ国際映画祭「ある視点部門」に正式出品された不条理スリラー『ホテル』です。

Hotel(ホテル):映画

Hotel(ホテル):ストーリー

イレーネ(ヴァイアス)は森の中に佇むヴァルトハウス・ホテルで住み込みで働き始める。

愛想のないホテルの従業員たちはまるで何かを隠しているようだった。

そんな中、イレーネは女性従業員のエーファが行方不明になっているという事件を耳にする。

しかし、従業員たちはこの事件に関しては詳細を語ろうとしない・・・

本文の続きを読む

EUREKA ユリイカ

今回紹介する映画は、カンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞・エキュメニック賞受賞、役所広司宮崎あおい出演、青山真治監督作品の『ユリイカ(EUREKA)』です。

ユリイカ(EUREKA):映画

ユリイカ(EUREKA):ストーリー

九州で起きたバス・ジャック事件で、辛くも生き延びたバス運転手・沢井(役所広司)と、乗客の直樹(宮崎将)、梢(宮崎あおい)の姉妹は、2年後に偶然再会したのを機に共同生活を始めるようになる。

そこに兄妹の様子を見に来た従兄の秋彦(斉藤陽一郎)が加わり、疑似家族の様相を呈してきた4人は、やがて再びバスに乗って再生の旅に出た…。

本文の続きを読む

RSS配信

Recent Trackback
Recent Comment