FOREVER 21 Japan

一定期間更新がないため広告を表示しています

unknown/アンノウン

今回紹介する映画は、ジム・カヴィーゼルグレッグ・キニアピーター・ストーメアジョー・パントリアーノブリジット・モイナハン出演、サイモン・ブランド監督作品の『unknown(アンノウン)』です。

unknown(アンノウン):映画

unknown(アンノウン):ストーリー

閉ざされた廃棄工場で目を覚ました5人は、なぜか全員記憶を失っていた。

分かっているのは5人のうち3人が誘拐犯、残りのふたりが人質であるということだけだった。

本文の続きを読む

ナチョ・リブレ 覆面の神様

今回紹介する作品は、ジャック・ブラックピーター・ストーメア出演、ジャレッド・ヘス監督作品『ナチョ・リブレ 覆面の神様』です。

ナチョ・リブレ 覆面の神様:映画

ナチョ・リブレ 覆面の神:ストーリー

幼くして宣教師だった両親と死に別れたイグナシオ(愛称ナチョ)はメキシコの修道院で育つ。

大人になっても行き場のない彼は料理番として孤児たちの面倒を見ていたが、修道院の資金難ゆえに新鮮なサラダすら子どもたちに食べさせることができない。

そこで、小さな頃から憧れだったプロレス“ルチャ・リブレ”のレスラーとなって賞金を稼ぐことを決意する。

かくしてナチョは覆面とタイツの戦士となって闘いのリングへ向かう。

本文の続きを読む

ダンサー・イン・ザ・ダーク

今回紹介する映画は、カンヌ映画祭パルムドール受賞・女優賞受賞、ビョークカトリーヌ・ドヌーヴピーター・ストーメアウド・キア、、ステラン・スカルスガルドジャン=マルク・バールカーラ・セイモア出演、ラース・フォン・トリアー監督『ダンサー・イン・ザ・ダーク』です。

ダンサー・イン・ザ・ダーク:映画

ダンサー・イン・ザ・ダーク:ストーリー

60年代のアメリカ。セルマは女手ひとつで息子のジーンを育てながら工場で働いている。

彼女に対して理解と愛情を持つ人々に囲まれ満ち足りた生活を送っていた。

彼女は遺伝性の病のため視力が失われつつあり、ジーンも手術を受けない限り同じ運命を辿ってしまうのだった。

そのために、内職もしてジーンの手術費用を貯えていた。が、ある日工場を解雇されてしまい、貯めていたお金まで盗まれていた……。

本文の続きを読む

ファーゴ

今回紹介する映画は、スティーヴ・ブシェミジョン・キャロル・リンチピーター・ストーメア出演、コーエン兄弟監督作品『ファーゴ』です。

ファーゴ:映画

ファーゴ:ストーリー

カー・ディーラーのランディガード(ウィリアム・H・メイシー)は、借金返済のために自分の妻・ジーンを誘拐し、会社のオーナーでもある義父から身代金をいただこうと考えた。

誘拐を実行するのは、妙な2人組、カール(スティーヴ・ブシェミ)とグリムスラッド(ピーター・ストーメア)。

だがジーンを自宅から誘拐した2人は、隣町・ブレイナードまで逃げたところで、停車を命じた警官と目撃者を射殺してしまう…。

ブレイナードの女性警察署長・マージ(フランシス・マクドーマンド)は事件を追ってミネアポリスに赴くが、その間にも狂い始めた誘拐計画は次々と犠牲者を生んでいく・・。

本文の続きを読む

ブラザーズ・グリム

今回は、マット・デイモンヒース・レジャーモニカ・ベルッチピーター・ストーメア出演、テリー・ギリアム監督作品『ブラザーズ・グリム』です。

ブラザーズ・グリム:映画

ブラザーズ・グリム:ストーリー

ウィル(ヴィルヘルム)とジェイコブ(ヤーコプ)・グリム兄弟は、いかさまの魔物退治で賞金稼ぎをする旅を続けていた。

しかし、ドイツの村で芝居がばれて、その地を支配するフランス将軍に逮捕されてしまう。

将軍はグリム兄弟に命じ、森で10人の少女が姿を消した事件の調査に向かわせた。

猟師の娘アンジェリカをガイドに、森の奥深くに立つ塔にたどり着いたグリム兄弟は、その塔に伝わる女王の逸話を知る。

その頃、森に不気味な異変が起こり始めていた。

本文の続きを読む

記憶の棘

今回紹介する映画は、ニコール・キッドマンキャメロン・ブライトダニー・ヒューストンローレン・バコールピーター・ストーメア出演の『記憶の棘』です。

記憶の棘:映画

記憶の棘:ストーリー

ニューヨークで家族と暮らすアナは、30代の未亡人。10年前に夫のショーンを心臓発作で亡くして以来、悲しみにくれていたが、最近になりようやく新しい恋人、ジョゼフのプロポーズを受ける決意がついた。ところが2人の婚約パーティーの夜、ひとりの少年がアナのもとを訪ねてくる。

少年は「僕はショーン、君の夫だ」とアナに告げる。

最初は信じていなかったアナだが、死んだ夫と自分しか知らない出来事を、ショーン少年が話し出すうち、疑いが生じ出す。

「彼は本当に生まれかわりかもしれない」と・・

本文の続きを読む

RSS配信

Recent Trackback
Recent Comment