FOREVER 21 Japan

一定期間更新がないため広告を表示しています

デッドマン・ウォーキング

今回紹介する映画は、アカデミー賞主演女優賞受賞、ベルリン国際映画祭男優賞受賞、スーザン・サランドンショーン・ペンスコット・ウィルソン出演、ティム・ロビンス監督作品『デッドマン・ウォーキング』です。

デッドマン・ウォーキング

デッドマン・ウォーキング:ストーリー

仲間や若いカップルを惨殺した罪で死刑を宣告されている囚人マシュー(ショーン・ペン)と、彼を救うべく特赦査問会を要請する尼僧ヘレン(スーザン・サランドン)。

やがて嘆願が却下され、死刑執行の日が迫るなか、マシューの頑なな心は開かれていく…。

本文の続きを読む

ボウリング・フォー・コロンバイン

今回紹介する映画は、カンヌ国際映画祭・55周年記念特別賞受賞、ベルリン国際映画祭・観客賞受賞、アカデミー賞長篇ドキュメンタリー賞受賞他多数の映画祭で喝采をうけた、マイケル・ムーア監督作品の『ボウリング・フォー・コロンバイン』です。

ボウリング・フォー・コロンバイン:映画

ボウリング・フォー・コロンバイン:ストーリー

1999年4月20日に発生したコロンバイン高校銃乱射事件に題材を取った、マイケル・ムーア監督のノンフィクション・ドキュメンタリー作品。

事件の被害者、犯人が心酔していたと言われる歌手のマリリン・マンソンや全米ライフル協会会長のチャールトン・ヘストン、サウスパークの制作者マット・ストーン、清教徒のアメリカ大陸移住から現在までの銃社会の歴史検証や、コロンバイン市民らへのインタビューや、アメリカの隣国で隠れた銃器大国のカナダや、日本やイギリスなどの他の先進国との比較から、事件の背景と銃社会アメリカの歪で異常な姿をあぶり出してゆく。

本文の続きを読む

ハイロー・カントリー

今回紹介する映画は、ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞した、ウディ・ハレルソンビリー・クラダップパトリシア・アークエットペネロペ・クルス出演、スティーヴン・フリアーズ監督『ハイロー・カントリー』です。

ハイロー・カントリー:映画

ハイロー・カントリー:ストーリー

第2次世界大戦直後のニューメキシコ州ハイローに復員してきたピート(ビリー・クラダップ)。

町は実業家ジムエド(サム・エリオット)に支配され、もはや昔の面影はない。

そんな折り、ピートの親友ビッグボーイ(ウディ・ハレルソン)も帰還してきた。やがて町はジムエド対ビッグボーイという事態に包まれていく…。

本文の続きを読む

素粒子

今回紹介するのは、 フランカ・ポテンテモーリッツ・ブライブトロイ出演、ベルリン国際映画祭主演男優賞受賞の作品『素粒子』です。

素粒子:映画

素粒子:ストーリー

養育放棄され、別々に育った兄ブルーノと弟ミヒャエルは全く異なる境遇を辿り、全く異なる人間へと成長していた。

いじめられっ子で、愛情に飢えて育ったブルーノは教師という安定した仕事を得たが、性的欲求を持て余し、離婚の危機を迎えていた。

一方、ミヒャエルは天才的な分子生物学者に成長。兄と違って性的欲求はほとんどなく、遺伝子の研究に打ち込んでいた。

しかし、母親の死を機に、久しぶりに再会した二人だったが…。

本文の続きを読む

パラダイス・ナウ

今回紹介する映画は、2005年ベルリン国際映画祭最優秀映画賞を受賞し、ゴールデングローブ外国語映画賞をした作品『パラダイス・ナウ』です。

パラダイス・ナウ:映画

パラダイス・ナウ:ストーリー

ヨルダン川西岸地区の町、ナブルス。

イスラエル占領下のこの町に住むザイードとハレードは、閉塞感と絶望を感じながらも、暇を持て余す日々を送っていた。

そんな中ザイードは、自爆志願者をつのる組織の代表者・ジャマルに、ハレードともに自爆攻撃を遂行するよう告げられる。

二人は自爆攻撃に向かう準備を粛々と行い、爆弾を付けたベルトを装着。

攻撃地点へ赴くため、ナブルスを囲むフェンスの穴をくぐるが……。

本文の続きを読む

RSS配信

Recent Trackback
Recent Comment