FOREVER 21 Japan

一定期間更新がないため広告を表示しています

ボウリング・フォー・コロンバイン

今回紹介する映画は、カンヌ国際映画祭・55周年記念特別賞受賞、ベルリン国際映画祭・観客賞受賞、アカデミー賞長篇ドキュメンタリー賞受賞他多数の映画祭で喝采をうけた、マイケル・ムーア監督作品の『ボウリング・フォー・コロンバイン』です。

ボウリング・フォー・コロンバイン:映画

ボウリング・フォー・コロンバイン:ストーリー

1999年4月20日に発生したコロンバイン高校銃乱射事件に題材を取った、マイケル・ムーア監督のノンフィクション・ドキュメンタリー作品。

事件の被害者、犯人が心酔していたと言われる歌手のマリリン・マンソンや全米ライフル協会会長のチャールトン・ヘストン、サウスパークの制作者マット・ストーン、清教徒のアメリカ大陸移住から現在までの銃社会の歴史検証や、コロンバイン市民らへのインタビューや、アメリカの隣国で隠れた銃器大国のカナダや、日本やイギリスなどの他の先進国との比較から、事件の背景と銃社会アメリカの歪で異常な姿をあぶり出してゆく。

本文の続きを読む

華氏 911

今回紹介する映画は、第57回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作品、マイケル・ムーア監督の『華氏911』を紹介します。

華氏911:映画

華氏911:ストーリー

アメリカ、9月11日の悲劇。アメリカ大統領ジョージ・W・ブッシュは、911以前から囁かれていたテロの可能性を軽視し、対策を見過ごしてきた。

ブッシュ大統領は、父ブッシュの代からサウジの富豪ラディン一族と石油ビジネスを中心に密接に関わっていたし、サウジとの間には、兆単位の石油マネーが動くからだ。

一族の厄介者、オサマが引き起こしたとんでもないテロを、ブッシュ大統領はいつの間にかイラクに結びつけ、アメリカを...

本文の続きを読む

ロジャー&ミー

ボウリング・フォー・コロンバイン」のマイケル・ムーア監督作品『ロジャー&ミー』を今回紹介します。

ロジャー&ミー:映画

ロジャー&ミー:ストーリー

監督・製作・脚本・主演をマイケル・ムーアが務め、ミシガン州フリントにおける、GMの工場閉鎖、リストラを知り、自分の故郷の街が危機に瀕していることを知ったマイケル・ムーアが、カメラを抱え、GMの「合理化政策」に抵抗しようとする街の人々を撮り始めた、リストラ問題に鋭く迫るドキュメンタリー映画。

本文の続きを読む

12月
18

シッコ:映画

シッコ

今回紹介する映画は、アメリカの医療に踏み込んだマイケル・ムーア監督のドキュメント映画『シッコ』です。

ハスラー2:映画

シッコ:ストーリー

国民健康保険が存在しない米国では、民間の保険に加入することがベストだと思われているが、実際は保険会社は利益重視で、いざ保険金となると、過去の病歴をあげ、手術を実験的だと判断し…と、できるだけ保険金がおりないように画策する。

そして何人もの人間が命を落としていく。

入院費用が支払えないからと病院を道に捨てることもある!と、驚くような米国の医療問題を悪質な医療制度の被害者の取材から、ムーアは切り込んでいく。

本文の続きを読む

デート・ウィズ・ドリュー

今回紹介する映画は、ドリュー・バリモアジョン・オーガストコリー・フェルドマン出演の『デート・ウィズ・ドリュー』です。

デート・ウィズ・ドリュー:映画

デート・ウィズ・ドリュー:ストーリー

映画業界で全く無名のコネなし男、ブライアン・ハーズリンガーが憧れのドリュー・バリモアとのデートを目指して奮闘するドキュメンタリー。

資金1,100ドル、期間は30日という限られた条件の中、ブライアンの限りなく不可能に近い挑戦が始まる。

本文の続きを読む

RSS配信

Recent Trackback
Recent Comment