FOREVER 21 Japan

一定期間更新がないため広告を表示しています

20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗:映画


今回紹介する映画は、唐沢寿明豊川悦司常盤貴子平愛梨香川照之黒木瞳出演、堤幸彦監督の『20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗』です。


20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗:映画


20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗:ストーリー

“ともだち”復活から2年後の“ともだち暦3年”(西暦2017年)。


「世界大統領」として君臨する“ともだち”は「8月20日、人類は宇宙人に滅ぼされる。私を信じるものだけが救われる」と説いていた。


一方、“ともだち”の追手から逃れ、身を潜めているかつての仲間たち―オッチョ、カンナ、ユキジ、ヨシツネ、マルオ、ケロヨン―はそれぞれのやり方で、闘いを続けていた。


そんな中、東京を囲む壁の向こう側で、ギターを抱えたある男が現れ厳重警備の関所を越えようとしていた。


矢吹丈と名乗るその男はこう呟く。「俺は会いに行く、カンナに」

本文の続きを読む

20世紀少年

今回紹介する映画は、浦沢直樹の代表作品を実写化した作品、唐沢寿明豊川悦司常盤貴子平愛梨香川照之黒木瞳出演、堤幸彦監督の『20世紀少年 第1章 終わりの始まり』です。

20世紀少年 第1章 終わりの始まり:映画

20世紀少年 第1章 終わりの始まり:ストーリー

ロックスターを目指していたが、今は実家のコンビニを継ぎ、失踪した姉の子供を育てているケンヂ。

同窓会で会った旧友から、「ともだち」と呼ばれる教祖が率いるカルト教団が、ケンヂが子供時代に作った「よげんの書」とそっくりの怪しい事件を起こしていることを聞く。

その後、仲間の1人だったドンキーが殺され、事件の謎を解こうとケンヂは立ち上がる。

しかし、「ともだち」によって、テロリストの汚名を着せられてしまい…。

本文の続きを読む

包帯クラブ

今回紹介する映画は、柳楽優弥石原さとみ出演、堤幸彦監督の青春映画『包帯クラブ』です。

包帯クラブ:映画

包帯クラブ:ストーリー

懸命に生きているうちに、誰かの大切なものを奪っている事がある。

そんな現実に気づき、絶望すら感じていた高校生のワラは、偶然出会った不思議な少年ディノ、タンシオ、ギモたちと「包帯クラブ」を始める。

インターネットで傷ついた出来事を投稿してもらい、その人が傷ついた場所に包帯を巻く。

その風景をデジカメで撮影し、投稿者に送るのだ。

最初は活動に充実感を覚えていたメンバーだったが、やがて自分たちの傷が疼きだし…。

本文の続きを読む

自虐の詩

今回紹介する映画は、中谷美紀阿部寛出演、堤幸彦監督のコメディ作品『自虐の詩』です。

自虐の詩:映画

自虐の詩:ストーリー

森田幸江(33)は、無職で甲斐性無しの葉山イサオ(35)に尽くしている。

二人は大阪で一緒に暮らしているのだが、まだ籍を入れていない。

幸江がラーメン屋で働きながら生活を切り詰めやりくりしているというのに、イサオは毎日ボーッとして、やることといえば賭け事ばかり。

気に入らないことがあれば、ちゃぶ台をひっくり返す。

ところが幸江は、周りに何と言われようと、イサオに惚れて惚れて惚れぬいている。

本文の続きを読む

RSS配信

Recent Trackback
Recent Comment